女性の仕事と経験

男性は仕事をする際、とにかく結果にこだわります。
結果が出なければ、仕事としての評価はしてもらえないからです。
仕事を成功させるための経験や、努力は、仕事が評価されてはじめて認められます。
それに比べ、女性の仕事は、結果や成果よりも経験が評価される仕事が多いです。
男性の仕事であれば職人のような感じでしょうか。
出来上がった仕事が出来映えがいいのはもちろんですが、出来のいい仕事をこなしていくためには経験が必要です。
女性が多く活躍している職業の中に、看護師や介護福祉士といった仕事があります。
彼女たちは、毎日刻々と変化していく医療や福祉を身につけていきながらも、人の命と向き合う仕事をしています。
時には、目の前で人が亡くなってしまう場合もあります。そんな時、経験がない看護師や介護福祉士は泣いてしまったり、あわててしまってどうしたらいいのか分からなくなってしまう人が多いといいます。
人の死と向き合って、目の前で患者さんが亡くなっても、冷静に対処する。
こういった仕事は、長年の経験を積まなくてはできないことです。

また、女性のイメージが強い仕事の中には航空機客室乗務員という仕事もあります。
毎日毎日色んなお客様が色んなところへ空のたびをするのをサポートする仕事です。
お客様の中には、妊婦さんや具合の悪い方などもたくさん乗っています。
色んなお客様のニーズに、色んな視点からサポートできるのはやはり新人よりベテランです。
このように、経験を積むことで今まで対処できなかった仕事ができるようになったとき、初めて女性は仕事で評価されるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です